分譲と注文の違い|立派な住宅を建てたいのであれば大塚建設に相談しよう

分譲と注文の違い

インテリア

分譲

大阪で新築の戸建てを検討しているなら、大阪で販売されている分譲住宅にするか、大阪に土地を購入した後に注文住宅をたてるかに分かれます。同じ戸建てですが、当然良し悪しも変わってくるので説明します。分譲の戸建てを購入するメリットは、実際の家を見て購入することが出来る事です。土地付の戸建てを購入した場合は、土地と完成した建物を購入するため、建売販売業者と締結する「土地付建物売買契約」となります。また、土地は借地の場合だと、建物を購入して土地を借りるので、建売販売業者と結ぶ「建売売買契約」と土地の所有者と交わす「土地賃貸契約」の二つの契約を交わす必要があります。分譲の場合であれば、特に土地が所有するか、借地にするかで金額や契約相手が変わってくる事を知っておくと良いでしょう。

注文

大阪で注文住宅の戸建てを購入するメリットは自分たちで家を一から作る事が出来る事です。この場合もハウスメーカーや工務店で建てる場合、建築士に設計管理を委託する場合で契約内容が変わります。ハウスメーカーや工務店なら「工事請負契約」を交わします。建築士に依頼する場合は、「設計・監理業務委託契約」を交わします。大阪で戸建てを購入する前に調べる事はたくさんあります。契約内容などはどうしても面倒だったりしますが、大切な事なので一度調べておくと良いです。注意点としては、何かあった時にどこに連絡すれば良いのかをしっかりと把握しておくべきです。予期せぬ出来事で契約そのものを解除したい場合、どこに何を言えば契約を解除出来るかは知っておく必要があります。