良い物件を探すために

男女

都内の近くで新築物件を探しているなら、埼玉県がお勧めです。埼玉は東京よりも面積が広く、各自の生活スタイルに合わせて地域別に家を探せるからです。それでいて、価格は都内よりも安く交通アクセスも便利なので助かります。

もっと読む

マイホーム計画の要

住宅

意思の疎通ができるか

広々としたLDKなど、自分に合った家を間取りから探すなど、不動産関連は大塚建設などの専門家に相談するのが安心です。ですが、意思の疎通は重要で、例えば、夫婦や子育て世帯での妻、母親目線での提案やプランニングは男女間の携わりで様変わりします。ホームエンジニアが暮らし方を聞いてくれることは任せる事業者を決める要となります。例えば、家事動線を意識した使いやすさは、家事と育児に縛られがちな女性側が求めている条件の1つです。建設会社の中には商品の自慢や工法については応えるものの、施主の段取りまでは視野に入れないケースも実状としてあります。大塚建設では住宅展示場を巡り、家づくりに関する最新の設備や性能をじっくり見学させてくれます。間取りやインテリアももちろん、こんなことやあんなこと、戸建てに求める小さな考えを口に出せる関係は必要です。

建設会社ならではの魅力

大手のハウスメーカーが不動産業界では支持されていますが、中小の建設会社もこだわりを持ち、一戸建ての夢をカタチにしてくれます。大塚建設もその1社で、地域密着型の住宅建設会社として評価されています。一般的に設計や施工の技術、品質には建設会社によって差があるものの、安価で施主や地域にあわせて建築方法を提案してくれます。ハウスメーカーと比較しても技術水準も高く、建築家と同レベルでの設計力まで評判を集めています。通常、土地探しからキメ細やかな対応のハウスメーカーに信頼性が置かれていますが、大塚建設でも常に様々な資格・スキルを身につけた営業マンが携わってくれています。ポジションを1つに縛るのではなく、ニュースやトピックなどの情報も網羅し、時代や年代で求める家づくりを提案してくれます。さらに、法規制などの改正ポイントまでも知り、施主側はこうした内容を優良メーカー並に得ることができます。

家を建てる流れ

家

北九州市内では、現在、多くの住宅が建築されています。そのため、たくさんの住宅展示場やモデルハウスがありますので、まずは、それらを見学して住宅メーカーを決めることが大切です。さらに、具体的に多くの物件を見学して注文住宅の参考にします。

もっと読む

分譲と注文の違い

インテリア

建売の戸建ては「購入するもの」で、注文住宅は「建てるもの」となるので、契約形態が変わってきます。大阪では信用できる会社が相手だと、日本人は特に契約書に関しては深く見ないまま契約してしまいがちです。戸建ては買って終わりではないので、しっかりと契約内容を把握する必要があります。

もっと読む